シンクロ・フード エンジニアブログ

飲食店.COMを運営する、株式会社シンクロ・フードの技術ブログです

Irisという超絶キュートなキーボードを作成した話

こんにちは、シンクロ・フードの大久保です。 今回はあまり社内の業務と関係がないのですが、Irisというキーボードを作成したお話しをしようかと思います。

f:id:synchro-food:20180213200721j:plain
これがIrisです

TL;DR

  • IrisというキーボードはコンパクトなErgoDoxで、作って良かった!
  • 組み立て式のキーボード制作は思っているよりも簡単
  • はんだ付けへの抵抗感を無くすのにも良さそう

はじめに

僕はErgoDoxという、左右分割型で親指キーがあるキーボードを使っていて、概ね満足はしていたのですが、ErgoDoxは大きく、使わないキーが沢山あるので、もっとスリムにしたいなあ…と思っていました。 いくつか乗り換え先キーボードの選択肢もあったのですが、色々調べた結果、Irisというキーボードを自作しようという結論に達しました。

f:id:synchro-food:20180213200853j:plain
これがErgoDox。親指キーが特徴です。ErgoDoxEZを使っている人は結構多いのではないでしょうか。

Irisとは

Irisとは、RealForceHHKBのような完成品のキーボードではなく、基礎となる基盤のキットやキースイッチ、キーキャップを自分で購入し、組み立てるタイプのキーボードです。同様のキーボードとしては、PlanckLetsSplit(通称レツプリ)などが有名です。

Irisの特徴としては、以下の点が挙げられます。

  • キー配列がErgoDoxとほぼ同じだが、無駄なキーが削れられている
  • qmk_firmwareが使える
  • コンパクト

ただし、組み立てにははんだ付けなどが必要で、ここは少し心理的な抵抗感があるかと思います。僕も電子工作の経験は少ないので、かなり迷ったのですが、同僚のエンジニアも一緒に作る、ということで、2人で作成していくことにしました。 結論から言うと、思っていたよりも簡単に作ることができました。ただし、Irisの場合は、レツプリのように作成ログの日本語情報があまりWeb上にないので(と思っていたら、2018年になって記事増えてますね…)、以下に僕が作った流れを記載しておきます。

部品集め

まずは組み立てるために必要な部品を購入します。 必要なものは大体4つ。基盤関連、キースイッチ、キーキャップ、工具類です。 2万円くらいあれば、すべて揃うと思います。

基盤関連

Irisはkeebioというサイトで購入可能です。僕はキーボードをLEDで光らせる必要がなかったので、LED関連の機器は購入していません。 必要なものは、PCBの商品詳細にすべて書いてあるのですが、僕が購入したものを以下に記載していきます。

PCB

Iris Keyboard - PCBs for Split Ergonomic Keyboard – Keebio

元となる基盤とダイオード、抵抗、ジャックなどのセットです。

Case

Iris Keyboard - Case/Plates – Keebio

基盤を覆うケースです。midlayerという中間層があるタイプとないタイプがあります。

Pro Micro × 2

Pro Micro - 5V/16MHz - Arduino-compatible ATmega32U4 – Keebio

左右で2つ必要です。

TRRS Cable

TRRS Cable – Keebio

左右のキーボードをつなぐケーブルです。「4極ケーブル」や「TRRS」、という名前で探せば、他のサイトでも購入できます。

MicroUSB Cable

Amazon CAPTCHA

Pro MicroとPCを接続するためのケーブルです。なんでもよいと思います。

キースイッチ

キースイッチは56個必要です。無難にいけば、CherryMX互換のものを買えば良いです。 Cherryの茶軸とか赤軸とか、そういうやつです。 僕はNovelKeyというサイトで購入しました。

https://www.novelkeys.xyz/product/outemu-ice-switches/

僕は上記のOutemuIceSwitchのLight Purple軸を使いました。

市販のキーボードではあまり使えない軸を選べるのは自作キーボードの醍醐味です。ですが、注文してから届くまで時間がかかるので、悩みすぎないようにしましょう。僕は注文してから3週間くらいかかりました…。

キーキャップ

キーキャップも56個必要です。キースイッチをCherryMX互換のものを購入した場合は、CherryMX互換のキーキャップを買えば良いです。

僕はpimpmykeyboardというサイトで購入しました。

Pimpmykeyboard.com

Irisのキーキャップは、すべてが同じ大きさなので、keycapsの1xkeyを56個揃えればよいです。 keysetsで買うと安いですが、ちょうどよい組み合わせがないので、多少は多めに購入する必要があります。 DSAとかSAとかはProfileという、形状の種類なのですが、よくわからない場合は、真っ平らなDSAを買うのが無難だと思います。キーキャップは後でいくらでも変えることができるので、気に入らなければ変更すれば良いと思います。

工具類

これは人それぞれですが、僕が使ったものを書いていきます。

はんだごて

白光 ダイヤル式温度制御はんだこて FX600
https://www.amazon.co.jp/dp/B006MQD7M4/ref=cm_sw_r_cp_ep_dp_4NpDAb0CFJP13

温度調整できるので、これで良いと思います。 他にもはんだごてを置く台なども必要なので、セットみたいなものを買うのが無難かもしれません。

はんだ

これは覚えていないのですが、適当なものを買えば良いと思います…。

練習キット

http://amzn.asia/aRcSdG0

はんだ付けが中学生以来…という方は買って練習すると精神衛生上、良いと思います。僕はRaspberryPiを触っていたときに買ったものが残っていたので、これで軽く練習しました。 実際は、練習せずに一発勝負でも問題はないと思います。

吸い取り線

http://amzn.asia/4KxVzY5

失敗した時用。あると精神衛生上、良いと思います。

他にも言い出せばキリがないのですが、絶縁マットやら固定台とかテスターなど色々あるのですが、必要に応じて購入してください。

あとはひたすら待つ

ここまで完了したら、もう完成したも同然です。そして、注文から到着まで、長いです…。 情報収集しつつ、ワクワクしながら待ちましょう。

組み立て

さて、すべてが揃ったら、いよいよ組み立てです。 一つずつ、作業をご紹介します。

ダイオードをはんだ付けする

f:id:synchro-food:20180124202946j:plain

ひたすらはんだ付けです。スイッチの数だけあるので、全部で56箇所?
もし、はんだ付けを初めてやる、という方であれば、とても良い練習になると思います。

f:id:synchro-food:20180125131741j:plain
両手が付け終わった…。(余計な線はペンチで切る)

Irisだと、ダイオードの向きは黒いほうが下になります。

TRRSジャックとリセットボタン、ProMicro用ピンヘッドをはんだ付けする

f:id:synchro-food:20180212191328j:plain
赤がTRRS,青がProMicro用ピンヘッド,黄がリセットボタン

ひたすらちゅんちゅんやるだけ。抵抗はオプショナルなので、つける必要はないです(僕はつけてしまいましたが…)。

キースイッチをはんだ付けする

f:id:synchro-food:20180126124146j:plain
思いっきり会社のデスクで作業してます(お昼休みに作業してました…)

f:id:synchro-food:20180126130010j:plain

ここもひたすらはんだ付けするだけ。

ProMicroをはんだ付け

ピンヘッドに入れて、はんだ付けしたあと、不要なピンを切っていきます。できる限り薄くしたほうがケースと干渉しなくなります。

f:id:synchro-food:20180126194126j:plain
はんだ付けして、ピンを切った状態。左右でProMicroの向きが違います

これではんだ付け作業は終了。あとはケースの蓋を閉じるだけ。

f:id:synchro-food:20180126222309j:plain

QMKfirmwareをビルドする

ProMicroにfirmwareを書き込みます。 自作キーボードの場合、qmk_firmwareというオープンソースのfirmwareを使うのが一般的で、Irisもそちらを用います。 具体的な作業は、PCでソースをビルドし、コマンドを使ってProMicroに書き込む、という作業を行います。

qmk_firmwareをforkする

以下リポジトリをforkします。
https://github.com/qmk/qmk_firmware

ビルド環境を整える

下記リンクに従って、各種OS毎にビルドする環境を整えてください。 https://docs.qmk.fm/getting_started_build_tools.html

僕はMacでした。Macユーザーの場合はhomebrewでバンバン入れていくだけです。この準備、25分くらいかかります。 なぜかEl Captanだと失敗するときがあったのですが、何度か実行すると、うまくいきました(適当ですいません)。Siera環境だと一発で成功しました。

ビルド実行する

Iris向けのキーマップはすでに準備されているので、まずはREADMEに従ってデフォルトを書き込むのが良いと思います。 https://github.com/qmk/qmk_firmware/tree/master/keyboards/iris

ProMicroにmicroUSBケーブルを接続して、以下コマンドを実行すると、ビルドと書き込みが始まります。

make iris/rev2:default:avrdude

最初だけは、両方のProMicroに書き込む必要があります。 ですので、以下の手順で実行していけば良いです。

  1. 左手のProMicroに書き込み(左手のみ、反応する状態になる)
  2. 右手のProMicroに書き込み(両手が左手のキーマップになる)
  3. 左手のProMicroに書き込み(左手、右手が正しいキーマップになる)

デフォルトのキーマップは、左手側のProMicroにmicroUSBを接続することを前提としているので、上記流れになります。 なお、上記対応をやったあとは、左手だけに書き込むことで、両手のキーマップが反映することになります。 ※このあたりの手順を知らずに対応していたので、両手が左手になったとき、めちゃくちゃ焦りました

完成

f:id:synchro-food:20180127004006j:plain
会社では終わらず、自宅に持ち帰って作業。動いたときはめちゃくちゃ嬉しかったです。

これで完成!

あとはキーマップを自分向けにカスタマイズしていくだけです! 基本的にはdefaultのキーマップをコピーして別名にし、それを変更して、そちらをビルドして書き込む感じです。 例えば、mykeymap、というファイル名でキーマップを作った場合は、以下のコマンドを実行する感じになります。

make iris/rev2:mykeymap:avrdude

尚、ErgoDoxのキーマッピングに慣れている方から見ると、KC_が省略されているキーマッピングになっていて、少し??となると思いますが、sourceを読めば理解できると思います。 一応、僕のキーマップもおいておきます。 https://github.com/shunohkubo/qmk_firmware/blob/develop/keyboards/iris/keymaps/chibikubo/keymap.c

キーマップをあれこれ考えるのも、とても楽しく、沼が待ってます。

参考にしたサイト

非常に詳細なビルドログ
https://imgur.com/a/iQH2W#k3cwV69

作成作業の動画。めっちゃ参考にしました。ProMicroの向きが、ちょっと不思議です。
Iris Split Ergonomic Keyboard Build Log - YouTube

2017の自作キーボードアドベントカレンダーはモチベーションを高める意味でも助けれられました!
https://adventar.org/calendars/2114

終わりに

非常に簡単に作成できますので、興味があれば是非作ってみることをオススメします。
尚、Irisは2018年3月時点で品切れ中…。4月には再度生産してくれるそうなので、手に入ると思います。
他の自作キーボードも、基本的にはIrisと同じ流れで作れると思うので、そういったものを作るのも良いと思います。

シンクロ・フードでは、自作キーボードに興味のあるエンジニアが数名在籍しているので、興味のある方は是非ご応募ください!キーボード談義に花を咲かせましょう。(業務でキーボードを自作することはありませんのでご注意ください…)

www.synchro-food.co.jp